事業報告

令和元年度事業紹介

10月例会 第1回伊勢っ子屋台村会議

2019年10月23日(水)

10月例会、第1回伊勢っ子屋台村会議が伊勢商工会議所5階大ホールにて開催されました。

2020年2月23日に開催される「第4回伊勢っ子サミット」において、伊勢の将来を担っていく子供達に商売の大変さや楽しさを学んでもらう「伊勢っ子屋台村」。今回はその場に出店してもらう子供達へこれから行っていくことの説明と販売計画書を作成してもらいました。

子供達にとって聞きなれない言葉や初めて考えるであろう様々な事柄がある中で、各チームが自分たちの屋台をより良いものにしていく為に、活発に議論を行っていました。また、当例会に参加していただいた伊勢YEG会員にも販売計画書を作成してもらい、全体事業へ向けての一体感を高めさせていただきました。これから本番当日まで様々な問題があるでしょうが、全員が一丸となって立ち向かえば必ず、成功へ向かっていけると確信しました。

当例会にご関係くださいました子供達、保護者の皆様ありがとうございました。また、伊勢YEGの皆様におかれましては全体事業「第4回伊勢っ子サミット」を成功させるため、共に精一杯頑張っていきましょう。

はぐくむ!伊勢商人委員会 間宮 幸一郎
  • (写真1)
    中村会長挨拶
  • (写真2)
    新入会員紹介 村山冴香さん
  • (写真3)
    平石委員長の主旨説明
  • (写真4)
    森副委員長の子供達への説明
  • (写真5)
    頑張って販売計画書を作成中
  • (写真6)
    みんな必死に頑張っています
  • (写真7)
    沢山の子供達に参加してもらいました
  • (写真8)
    「伊勢の未来を創るのは君達だ!!」

織りなそう「令和=Beautiful Harmony」
伊勢YEGと合同例会でええじゃないか!!

2019年10月17日(金)

豊橋YEG様との合同例会が豊橋商工会議所で行われました。7月に伊勢で予定されていた「結べ!ええじゃないか協定調印式」の開催が荒天の為中止となりましたが、豊橋YEG様のご提案で、豊橋まつり前夜祭の日にええじゃないか協定調印式を執り行う運びとなりました。

調印式では、豊橋商工会議所 佐藤副会頭より伊勢と豊橋との友好の歴史をお話しいただき、改めて繋がりの強さを実感しました。そして中村会長と原田会長のお二人によってええじゃないか協定が締結され、両YEGの友好関係がより強固なものとなり、末長く交流を続けていく事が形となって約束されました。

その後参加させていただいた豊橋まつり前夜祭では、地元高校生の応援団や豊橋YEG様のええじゃないか踊りなど盛大に行われました。その中でも一番印象に残ったのが会場の「一体感」でした。壇上で挨拶された方々も口を揃えて「一体となって」という事をおっしゃっていましたが、実際に市、商工会議所、市民、そして国を巻き込んで、その全員が一体となり豊橋まつりを作り上げ、楽しもうとしている事がひしひしと伝わってきて、伊勢として学ばせていただく事が多くあったように感じました。そして、来年以降もこの良い関係を継続していかなければならないと強く感じました。

TUBE委員会 中津 好雅
  • (写真1)
    伊勢YEG中村会長による挨拶
  • (写真2)
    豊橋商工会議所佐藤副会頭による挨拶
  • (写真3)
    豊橋YEG原田会長による挨拶
  • (写真4)
    上島前会頭の代読をする石川幹事
  • (写真5)
    ええじゃないか協定調印式の様子
  • (写真6)
    豊橋市内の高校生応援団
  • (写真7)
    豊橋YEG様によるええじゃないか踊り
  • (写真8)
    集合写真

第7回 三重県連交流委員会「魁塾」in名張

2019年10月05日(土)

第7回三重県連交流委員会「魁塾」が、名張市の森のレストランアーチにて開催されました。

名張市街からさらに30分ほど山奥に入った、この先にレストランなんて本当にあるんだろうか…と心配しながら進んだ先に、森のレストランアーチはありました。その森の雰囲気にとてもマッチしたログハウスのとてもオシャレな外観と、大きなピザ釜がある厨房では出来立ての本格ピザが味わえるとても素敵なレストランでした。

委員会の中では、いよいよ来月にせまった11月の交流事業の内容について活発な議論が行われました。サバイバルゲーム、松阪市街探索、フットサル、釣りコンペ、ゴルフと、各交流事業の細かな詰めが行われ、あとは当日たくさんのメンバーに参加してもらえるように呼びかける段取りが整いました。普段は各単会ごとに活動していますが、このような事業を通じて三重県内のYEGメンバー同士がつながりを作るきっかけとなればうれしく思います。

懇親会はそのまま森のレストランアーチのテラス席を使って行われました。地元で取れる野菜やジビエを使った料理は本当に美味しく、同じ飲食業として参考にできることもたくさんあり個人的にも大変学びになりました。

ミックス・モダン委員会 委員長 案浦 豊土
(三重県連交流委員会「魁塾」出向者)
  • (写真1)
    活発な意見が飛び交う委員会
    (写真1)

    竹川委員長の挨拶から懇親会へ
  • (写真1)
    オシャレな外観 森のレストランアーチ

令和元年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会 第6回役員会議
令和元年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会 第3回(通算第54回)会員総会

2019年09月06日(金)

愛知県刈谷市において開催された(以下表題略)令和元年度東海ブロックYEG第6回役員会議、第3回(通算第54回)会員総会に参加致しました。

役員会議では主に次年度東海ブロックYEG役員・日本YEG出向役員の案件が承認され、会員総会にて同案件がブロック内単会会長により承認されました。伊勢YEGからは、鈴木崇之(伊勢YEG副会長)君が副会長、強力雄(同専務理事)君が理事、そして私中村(同会長)が監事として東海ブロックYEGに出向します。また強力雄君は三重県代表理事として日本YEGへも出向する事となります。伊勢から3人も輩出される事は非常に喜ばしい事であり、又、身の引き締まる思いであります。今年度もまだ折り返し地点ではありますが、東海ブロックYEG副会長の責務を全うし、次年度にしっかり繋げていきたいと思います。“東海の未来を創るのは俺たちだ!!”

会長 中村 良
(東海ブロック商工会議所青年部連合会 令和元年度副会長)
  • (写真1)
    役員会議にて篠田東海ブロック会長の挨拶
  • (写真2)
    第3回(通算第54回)会員総会
  • (写真3)
    次年度役員登壇(ブロック大会式典にて)

第95回 通常総会

2019年09月25日(水)

令和元年度、伊勢商工会議所青年部、第95回通常総会が開催されました。

今回は、「議案第240号 次期会長を承認する件」「議案第241号 次期副会長、専務理事、監事を承認する件」「議案第242号次期理事を選出する件」について審議が行われました。

審議の結果、次期会長に島田祐希君及び、次期副会長6名、次期専務理事1名、次期監事2名、また指名理事6名が拍手多数で選任されました。

続きまして、次期理事6名が厳粛な雰囲気の中、投票が行われ、開票の結果無事6名が選出されました。

投票後、開票までの間で「要」る総務委員会による守破離タイム「破」が行われました。前回の「守」の自己分析結果をもとに、A、B、C、Dのグループに分け「廃棄される食糧を減らすにはどのような方法が最善か」をテーマにグループディスカッションし発表した結果、主催者の思惑通りの各グループ特有の回答が出てきました。前回の「守」で自己分析をし、今回の「破」でタイプ別で特有の回答で出る事を知り、今後、色々な活動をしていく上で参考になるのではないかと思います。次回、守破離タイム「離」で守破離タイムは完結します。さらなるスキルアップのために引き続きご参加、ご協力お願いします。

「要」る総務委員会 中村 康昭
  • (写真1)
    中村会長の挨拶
  • (写真1)
    新入会員の紹介
  • (写真1)
    島田次期会長の挨拶
  • (写真1)
    次期理事の選挙
  • (写真1)
    守破離タイム「破」
  • (写真1)
    守破離タイム
    グループディスカッション
  • (写真1)
    次期役員の紹介
  • (写真1)
    最後は全員でポーズ
令和2年度役員
会長 島田 祐希 株式会社富士建設
直前会長 中村 良 株式会社アクト
副会長 平石 光彦 センプリチェ
副会長 間宮 幸一郎 合資会社 二冨士
副会長 長瀬 正也 おかもと食器
副会長 東口 俊輔 東口塗装工業株式会社
副会長 強力 雄 株式会社 ゴーリキ
副会長 鈴木 崇之 有限会社鈴木水産
専務理事 平賀 隆生 オフィスサイトナイン
監事 嶋田 拓磨 株式会社石九
監事 勝田 新之介 美美 かつた
理事 植谷 洋介 有限会社植谷商事
理事 小川 樹利 明治安田生命保険相互会社
伊勢神宮前営業所
理事 小釣 真 ペイントスタジオ
理事 森 和成 有限会社岡野自動車商会
理事 案浦 豊土 株式会社クロフネファーム
理事 西村 直人 西村事務所
理事 野田 新一朗 伊勢志摩法律事務所
理事 下井 貞 有限会社シモイ電気工事
理事 古野 隼人 フルノケミテック株式会社
理事 中村 仁 有限会社いすず美工
理事 中津 好雅 藤原屋
理事 前田 憲汰 栄モータース
     

第6回 三重県連交流委員会「魁塾」in桑名

2019年09月14日(土)

三重県連交流委員会「魁塾」の第6回委員会が桑名で開催されました。


今回は前回に引き続き、交流事業に向けてチームごとに話し合いが行われました。

チラシの校正や各事業の詳細を確認しながら、いかに参加者に楽しみながら交流してもらうか工夫を凝らしており、11月の交流事業に向けてより具体的な話し合いが出来ました。


委員会後には「鉄板diningあっちっち市役所前店」にて懇親会が行われました。おいしい料理を頂きながら楽しくメンバー間の絆を深められました。


今回で今年度6回目を迎える魁塾ではメンバー間で言いたいことが言い合えており、結束がより強固になりました。11月の交流事業まで2ヶ月余りとなりましたが、一丸となって成功させたいと思います。

TUBE委員会 森井 寛喜
  • (写真1)
    竹川委員長(松阪YEG)の挨拶
  • (写真1)
    横井委員(桑名YEG)による開会の辞
  • (写真1)
    全体会議
  • (写真1)
    グループディスカッション
  • (写真1)
    奥村委員(亀山YEG)による閉会の辞
  • (写真1)
    懇親会の様子

日本商工会議所青年部 第32回東海ブロック大会刈谷大会

2019年09月07日(土)

「第32回東海ブロック大会刈谷大会」が刈谷市総合文化センターにて行われました。

記念式典はブロック旗入場に始まり、主催者代表、刈谷商工会議所青年部会長、刈谷商工会議所会頭、ご来賓のご挨拶や、ブロック旗伝達式が行われ、そして次回東海ブロック大会、全国会長研修会、全国大会が素晴らしいPVによってご紹介されました。

本大会での登録者数は、東海ブロックおよび全国各地より1723名となり大変盛況な大会となりました。次回の東海ブロック大会は美濃加茂大会となります。

閉会後、第1~9の分科会に分かれての様々な講演や研修に体験会、また会場前みなくる広場では刈谷市周辺の物産品を集めた物産展が行われ、それらを通して新たな刈谷市を知り、体験することができました。

その後ウイングアリーナ刈谷で行われた大懇親会では東海ブロック38単会より各単会から代表が1人ずつ参加したダンスパフォーマンスや、刈谷市の応援合戦チーム「青春応援団 我無沙羅」によるステージ応援により大いに盛り上がる中で、たくさんの料理や飲み物をいただき、他の会員様方との交流を行い楽しい時間を過ごすことができました。

お忙しい中ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

TUBE委員会 下井 貞
  • (写真1)
    ブロック旗の入場
  • (写真1)
    大会の様子
  • (写真1)
    ブロック旗伝達式
  • (写真1)
    登録者数発表
  • (写真1)
    大懇親会会場
  • (写真1)
    「青春応援団 我無沙羅」

8月オープン委員会『夏だ!海だ!YEGだ!BBQパーティー』

2019年08月23日(金)

New Generation委員会主催の8月オープン委員会『夏だ!海だ!YEGだ!BBQパーティー』が開催されました。

当会は、各委員会の皆様にお声かけ頂きました10名のオブザーバーの方々をお招きしてのBBQパーティーとなりました。オープン委員会ではございましたが例会形式をとり、オブザーバーの方々にYEGとはどのような組織なのかを肌で感じて頂き、メンバーの方々のYEGのメリットを発表して頂きました。

今回のオープン委員会を通じて、YEG会員拡大のきっかけ作りが出来たのではないかと思います。

最後になりましたがご多用中ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

New Generation委員会 副委員長 和田 吉史
  • (写真1)
    中村会長による挨拶
  • (写真1)
    宴の始まり
  • (写真1)
    平石委員長YEGメリット発表
  • (写真1)
    オブザーバーの方々との交流の様子

第5回 三重県連交流委員会「魁塾」

2019年08月03日(土)

連日の猛暑が続く中、鳥羽商工会議所にて「魁塾」第5回委員会が開催されました。

今回は11月に行われる交流事業のチラシの構成を各グループで話し合いました。事業の内容がだんだんと具体的になっていくにつれて、皆のワクワク感が高まりメンバー間の結束がより強固なものになってきたと感じます。グループディスカッションの際も5回目ともなると個人の意見がどんどん出てきて、終了時間ギリギリまで話し合いが続き、とても有意義な時間となりました。

懇親会は鳥羽YEGメンバーさんのお店、「錦屋」さんで行われました。

鳥羽ならではの新鮮な魚介料理に始まり、揚げ物、ステーキ、最後にご飯と味も量も大満足でした。毎回のことですが、終始大盛り上がりでメンバー間の絆もさらに深まりました。

TUBE委員会 中津 好雅
  • (写真1)
    竹川委員長による挨拶
  • (写真1)
    グループディスカッションの様子
  • (写真1)
    チラシも完成間近
  • (写真1)
    錦屋さんの絶品料理

第16回東海ブロック商工会議所青年部連合会親睦交流会

2019年07月20日(土)

岐阜県高山市内に於いて、第16回東海ブロック商工会議所青年部連合会(以下、東海ブロックYEG)親睦交流会が開催され、中村会長、田中直前会長、強力専務理事、鈴木副会長、東口委員長、掛橋委員、私、北尾の総勢7名で参加してまいりました。

内容としましては、第1分科会「ゴルフコース」、第2分科会「ソフトボールコース」(※雨天のためソフトバレーに変更)、第3分科会「街並み散策コース」の3つの分科会の後、ひだホテルプラザで大懇親会が開かれ、開催地である高山YEGの皆様を中心にお世話になりました。

第2分科会「ソフトボールコース」は集合時間が朝だった為、中村会長、強力専務理事、東口委員長、掛橋委員、私の5名で前泊し、当日は松阪YEGの皆さんとの合同チームで参加しました。前日の晩にホテルへ強制送還(頑張り過ぎ心配)された中村会長、四十肩(激痛)でまったくプレー出来なかった強力専務理事、前日の晩に教育的指導(笑)を受けた東口委員長、前日の晩に教育的指導(怖)を施した掛橋委員、前日の晩の高山への地域貢献がたたって前半活躍できなかった私(戦力外)を交え、6チーム中4位と健闘(?)しました。松阪YEGの皆さんにはプレー以外でも気を使わせてしまい、この場をお借りして御礼申し上げます。大変お世話になりありがとうございました。

表彰式では、中村会長が東海ブロックYEG副会長としてプレゼンターと総評をされました。

第3分科会「街並み散策コース」には、田中直前会長と鈴木副会長が楽しく元気(!)に参加され、鈴木副会長は何故か更に元気になったとの事でした(下写真参照)

今回の親睦交流会を通じて、令和元年度第32回東海ブロック大会刈谷大会に繋がる、良い交流を持てたのではないでしょうか。

参加頂いた皆様、また1つ楽しい思い出をありがとうございます。お疲れ様でした。参加出来なかったメンバーも、一度は参加してみる価値ありです。

監事 北尾 雅彦
(東海ブロックAGM交流委員会出向)
  • (写真1)
    伊勢・松阪合同チーム
  • (写真1)
    東口委員長大活躍!!
  • (写真1)
    肩がここまでしか上がらない
    強力専務理事と愉快な仲間たち
  • (写真1)
    総評する中村会長
    (東海ブロックYEG副会長)
  • (写真1)
    表彰する中村会長
    (東海ブロックYEG副会長)
  • (写真1)
    第3分科会終了後の三重県連プチ懇親会に参加する
    田中直前会長と鈴木副会長
  • (写真1)
    元気になる鈴木副会長
  • (写真1)
    高山YEG谷本和也会長による主催地代表挨拶
  • (写真1)
    大懇親会前に人生と教育について
    熱く語られる掛橋委員
  • (写真1)
    三重県連YEG小椋洋平会長による閉会挨拶


  • (写真1)
    東海ブロックYEG松林良太直前会長による乾杯
  • (写真1)
    飛騨高山の宴席での伝統「めでた」を披露される
    東海ブロックYEG篠田佳宗会長(左)と
    松林良太直前会長(右)

第4回 三重県連交流委員会「魁塾」in伊勢

2019年07月06日(土)

三重県連交流委員会「魁塾」の第4回委員会が伊勢で開催されました。

今回は11月に行なわれる予定の交流事業に向けてチームごとに話し合いが行われ、それぞれのチームがいかに三重県連メンバーに他単会との交流を深めてもらえるかを工夫している姿が見られました。チームごとに役割を分担していることで、2時間という短い委員会の時間で密度の濃い話し合いが出来たと思います。

委員会後には「のんべぇ~処・悠々」にて懇親会が行われました。おいしい料理とお酒を頂きながら、委員会メンバー、オブザーバーの皆さんによるゲームが行われ、終始リラックスした雰囲気でよりYEG同士の絆が深められたと思います。

今回で今年度4回目を迎える魁塾では他単会の皆さんとの距離もかなり縮まり、より深い交流が出来たと思います。

TUBE委員会 森井 寛喜
(三重県連交流委員会「魁塾」出向者)
  • (写真1)
    竹川委員長の挨拶
  • (写真1)
    出向者自己紹介
  • (写真1)
    交流事業についての全体会議
  • (写真1)
    グループディスカッション
  • (写真1)
    悠々での懇親会
  • (写真1)
    激辛チャレンジ

6月例会『聞き方』ひとつで組織はガラリと変わる!

2019年06月26日(水)

ミックス・モダン委員会主催の6月例会『聞き方』ひとつで組織はガラリと変わる!が開催されました。

「話す」ではなく「聞く」テクニックでトップセールスマンになられた山下義弘様を講師としてお招きし、セミナーとワークショップをしていただきました。

印象に残ったことは、山下先生がおっしゃっていた「聞く」と「聞いた」の違いです。

「聞く」とは、相手の情報や思い・考えを自分なりに受け止め理解すること。

「聞いた」とは、相手の情報や思い・考えを自分なりに受け止め理解し、それを相手に確認し承認を得た状態だそうです。つまり「~でよろしいですか?」と相手に確認をし、相手から「~でいいです。」と承認を得て「聞いた」ということです。

同じように感じる「聞く」と「聞いた」ですが、確認と承認をする・しないとでは全然違うことをワークショップで痛感しました。確認と承認をしないでワークショップをすると伝えているつもりが伝わっていない。やっているつもりが噛み合っていない。聞いているはずなのにバラバラ…。

次に確認と承認をしながらワークショップをすると、皆が一つのゴールに導かれるように揃うのです。

聞きかたひとつで本当にこんなに変わるのだととても驚きました。

人と人の関係は長い年月をかけ構築していくものではなく、たったひとつ「聞きかた」を意識するだけで短い時でも皆が一つになれる、すぐにでも実践できる「聞きかた」、今後のYEG活動はもちろんのこと、皆様の会社の結束力・組織力の高まる研修となったのではないかと強く思いました。

ミックス・モダン委員会 取嶋 零
  • (写真1)
    中村会長による挨拶
  • (写真1)
    山下義弘先生によるセミナー
  • (写真1)
    ワークショップ①
  • (写真1)
    ワークショップ②
  • (写真1)
    ワークショップ③
  • (写真1)
    集合写真

第32回外宮奉納

2019年06月08日(土)

令和最初となる第32回外宮奉納のお手伝いをさせていただきました。

全国から集まった生産者が豊受大神様に正直な物つくりを誓い、丹精込めて作られた生産物を奉納し、その後の第28回外宮奉納市で来場客に自慢の品物を提供しました。

我々青年部の役割は、奉納者列の先導と奉納証明書等の配布です。私は先導役をさせて頂き、小気味よい緊張の中、奉納者をご案内させていただきました。生産者の真剣な姿に日本の豊かさを感じることができました。

外宮奉納のお手伝いは楽しく、外宮奉納市での買い食いも毎回の楽しみです。また早朝より礼服を着て外宮を歩かせていただくことも気持ちよく、次回も参加したいと思いました。

はぐくむ!伊勢商人委員会 副委員長 古野 隼人
  • (写真1)
    神楽殿
  • (写真1)
    解団式
  • (写真1)
    真剣な姿
  • (写真1)
    法被をたたむお手伝い
  • (写真1)
    奉納市にて
  • (写真1)
    戦利品(?)を掲げて

高柳商店街夜店 伊勢っ子サミットPR

2019年06月01日(土)

高柳商店街の夜店に、TUBE委員会は伊勢っ子サミット広報部会としてPRブースを設けさせてもらいました。内容は伊勢っ子サミットの集客とPRです。今年度の伊勢っ子サミットは、令和2年2月23日に伊勢生涯学習センターいせトピアで開催されます。

この日はかなりの人出で盛り上がっており、伊勢っ子サミットの公式キャラクターのものしり博士も来ていただきました。博士とメンバー全員の協力もあり、たくさんの小学生の子供たちと触れ合うことができました。また、伊勢っ子サミットの集客と魅力をYoutubeで配信しているTUBE委員会チャンネルの撮影も一緒に行い、委員会メンバーや有志で集まっていただいた他委員会のメンバーのおかげで大成功となりました。

中村会長が目標にしている小学生を600人集めるという目標にまた一歩近づいたであろうと思います。

PRブースを設けさせていただいた高柳商店街の皆様、誠にありがとうございました。

TUBE委員会 副委員長 前田 憲汰
  • (写真1)
    PRブース
  • (写真1)
    伊勢っ子サミット写真フレーム
  • (写真1)
    声かけ風景
  • (写真1)
    手作り看板

第3回三重県連交流委員会「魁塾」in鈴鹿

2019年06月01日(土)

新年度3回目の魁塾が鈴鹿の地で開催されました。私は過去にも魁塾に出向させていただいた事があり、鈴鹿YEGがいつも全力でおもてなしされるのを知っているので、今回はどんな感じで開催されるのか?と楽しみにしながら参加しました。

会議は11月に行われる交流会について話し合いました。そこでは沢山の意見が飛び交い、魁塾メンバーが委員会事業に熱い思いがある事がとてもよく伝わってきました。今年度は、副委員長を仰せつかっていますので、この意見を最大に活かして、楽しく交流出来る事業にしたいと思います。

また、懇親会では趣向を凝らした楽しいチーム対抗ゲームがあり、最後はみんなで輪になって歌を歌い、しっかりと結束を固めて終了しました。想像通り、手厚いおもてなしをしていただいた鈴鹿YEGの皆様に感謝。

次回は、伊勢の地で開催です。最高のおもてなしをしたいと思います。

TUBE委員会 掛橋 優子
(三重県連交流委員会「魁塾」副委員長)
  • (写真1)
    委員会では熱い意見が飛び交いました
  • (写真1)
    チームゲームでMVP賞獲得!西村委員
  • (写真1)
    みんなで大合唱
  • (写真1)
    竹川委員長(松阪YEG)
    落合副委員長(津YEG)と

令和元年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会 第4回役員会議
令和元年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会 第1回(通算第52回)会員総会
令和元年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会 第1回会長会議

2019年05月25日(土)

岐阜県美濃加茂市において開催された(以下表題略)令和元年度東海ブロックYEG第4回役員会議、第1回会員総会、第1回会長会議に伊勢YEGから3名参加いたしました。

役員会議では主に平成30年度事業報告及び収支決算、東海ブロックYEG親睦交流会、東海ブロック大会刈谷大会の案件が承認され、会員総会にて同案件がブロック内単会会長により承認されました。その後の各県連・各単会活動報告は、県連会長が所用で不在の為、県連副会長の私が報告をさせて頂き、単会活動報告も単会会長としてしっかりと報告させて頂きました。

また会長会議においては、東海ブロックYEG AGM38委員会企画の“交流を超えた交流”という事で、ビジネスマッチング事例紹介、各単会会長による自企業の30秒プレゼンテーション、LINEWORKSを使ったビジネスマッチングの創出をテーマに行われました。自企業のプレゼンテーションでは各テーブルで発表し、採点の高い方が38単会の会長の前で発表する事になっていましたが、まさかの私が選ばれ・・・沢山マイクを持たせて頂いた1日でした。

最後に、東海ブロック副会長の立場として、直近では東海ブロック大会刈谷大会を成功させたい。その為には7月に高山の地で開催される親睦交流会に、伊勢YEGとして沢山のメンバーで参加し、そこで皆に“交流を超えた交流”で親睦を深めて頂き、刈谷大会に繋げていきたいと思います。

会長 中村 良
(東海ブロック商工会議所青年部連合会 令和元年度副会長)
  • (写真1)
    役員会議
  • (写真1)
    会員総会。篠田ブロ長の挨拶
  • (写真1)
    会長会議。日本YEG山中副会長の挨拶
  • (写真1)
    石川監事による日本YEG委員会事業紹介
  • (写真1)
    親睦交流会PR。篠田ブロ長を見つめる私
  • (写真1)
    令和元年度東海ブロックYEG役員一同

第94回 通常総会

2019年05月22日(水)

令和元年度、伊勢商工会議所青年部、第94回通常総会が開催されました。

平成30年度の事業報告及び決算報告を中心に、緊張感のある厳粛な雰囲気の中、審議が行われました。特に平成30年度の事業報告では、昨年行われた全ての事業、審議、協議された議案等が網羅的に整理されており、これほど多くの活動が行われてきたということに驚きました。田中直前会長が、メンバーに対する感謝の気持ちを示しながら、昨年度の事業報告をされる姿がとても印象的でした。これほど多くの活動を1年間でやり遂げたという事実が、伊勢商工会議所青年部の力となり誇りとなるのだと思います。本年度もこれを継続していかなければならないと身が引きしまる総会となりました。

総会の前には、「要」る総務委員会による守破離タイム「守」が行われました。アンケートをもとに、詳細な自己分析結果を示すことにより、皆様が改めて自分の強みや弱みを掴む機会となったのではないかと思います。守破離タイムはこれで終わりではなく続いていきます。引き続きご参加、ご協力をよろしくお願いいたします。

「要」る総務委員会 野田 新一朗
  • (写真1)
    中村会長の挨拶
  • (写真1)
    田中直前会長による事業報告
  • (写真1)
    守破離タイム「守」
  • (写真1)
    最後は全員でポーズ

三重県商工会議所青年部連合会 第32回通常会員総会

2019年05月18日(土)

尾鷲商工会議所にて開催された三重県連YEG第32回通常会員総会(表題略)に中村会長、事務局勢力君と私の3名で参加しました。

審議事項は、平成30年度事業報告(案)並びに収支決算(案)と令和元年度補正予算(案)の2点で、共に賛成多数で可決されました。次年度は我々伊勢YEGが県連大会の主管となる予定ですので、事業報告や決算の説明を、自分たちならどうするか、どうあるべきかと考えながらしっかり拝聴しました。

総会後は、当日開催されていた第7回 尾鷲旬のコツまみバル(http://kotsumamibar.com/)に懇親会として参加し、尾鷲の街並みと旬の食を堪能しました。

専務理事 強力 雄
  • (写真1)
    30年度三重県連原田会長(津)と
    元年度三重県連小椋会長(尾鷲)の
    思いが詰まった議案書
  • (写真1)
    元年度三重県連副会長として閉会の辞を述べる中村会長



  • (写真1)
    コツまみバルの会場のひとつ、日が暮れるにつれ、
    たくさんの人で賑わいました
  • (写真1)
    県内他単会(名張)との交流
    「三重の未来をつくるのは俺たちだ!!」

第2回 三重県連交流委員会「魁塾」in 上野

2019年05月11日(土)

元号が令和になり、初めての魁塾が伊賀の地で開催されたので、参加させていただきました。

委員会では前回に引き続き、竹川委員長の想いと委員会メンバーの想いが衝突する場面もあり、熱い議論が交わされましたが、委員長が双方の想いを汲み取り、双方が納得する着地点を見つけたことで、今年度の魁塾の事業の方向性が決まりました。活発な議論の中で、意見をまとめ上げ答えを出すという難しい委員会だったので、参加させていただくだけでも勉強になるような中身の濃い充実した委員会であったと思います。

そして、委員会後には同会場で懇親会が行われ、他の単会のメンバーと交流を深めるとともに、伊勢YEGとしての私と、事業者としての私を他の単会のメンバーに知ってもらえる機会になったのではないかと思います。

また懇親会後には、上野YEGの小林会長から上野YEGの30周年記念事業として行っている空き店舗を利用した地域活性事業を教えていただいたので、そちらを見学させていただきました。空き店舗を利用し日替わりで店舗が変わるシステムですが、私たちが伺ったときはメキシコ料理の店が出店する日でしたので、メキシコ料理を堪能させていただきました。

伊勢の地から離れた場所での開催でしたので、長丁場の一日でしたが楽しく参加させていただきました。

オブザーブに来てくれた中村仁さん、最後までお付き合いしていただいた中村会長ありがとうございました。

「要」る総務委員会 西村 直人
  • (写真1)
    会場の「とろろ庵伊賀路」
  • (写真1)
    委員会開始前の一幕
  • (写真1)
    39名が出席した委員会
  • (写真1)
    委員会後の懇親会1
  • (写真1)
    委員会後の懇親会2
  • (写真1)
    上野YEGの事業見学1
  • (写真1)
    上野YEGの事業見学2
  • (写真1)
    上野YEGの事業見学3

朔日参り

2019年05月01日(水)

元号が平成から令和に代わり、伊勢YEGとして最初の行事である朔日参りに参加させていただきました。

当日、神宮は生憎の雨模様に加え、午前5時に宇治橋前へ集合でしたが、参加を予定していた会員誰一人欠ける事無く時間通りに集合出来ました。

私自身久しぶりに朔日参りを行いましたが、濡れた玉砂利の上を歩くのは非常に気持ちがよく、独特の緊張感の中で身が引き締まる思いがしました。そして、拝礼では全員が気持ちを一つにし、上皇陛下への感謝並びに天皇陛下のご健康をお祈りさせていただきました。

参加された方々が皆、清々しい想いで参拝し、気持ちを引き締め、強い決意と共に「令和」という新時代へ向けて、新たな一歩を力強く踏み出すことが出来たと思います。

朔日参りへ参加された皆様、朝早くからお疲れ様でした。また、今回参加できなかった皆様も是非、積極的に伊勢YEGの事業へ参加してください。きっと素晴らしい体験、新たな出会いが待っている事と思います。一緒に楽しみましょう!!

はぐくむ!伊勢商人委員会 間宮 幸一郎
  • (写真1)
    参加者が集まってきました
  • (写真1)
    伊勢YEG令和元年度会長
    中村 良の挨拶
  • (写真1)
    良い笑顔の集合写真
  • (写真1)
    皆で揃って参拝中

日本商工会議所青年部 全国会長会議

2019年04月23日(火)

日本YEG 内田直前会長の熱い思いで、昨年から開催されました東京商工会議所にて行われる日本YEG全国会長会議(表題略)に、強力専務理事と2人で参加して参りました。

第1部では、日本商工会議所会頭 三村明夫氏にご講話頂きました。内容はやはり今話題の新一万円札の肖像画になる、現東京商工会議所初代会頭 渋沢栄一氏にまつわるお話でした。その後、今年度日本YEG 田中会長の所信・運営方針から、各委員会の事業内容等をお聞かせ頂きました。

第2部では全国の単会会長達が「YEGブランディング」をテーマに掲げ、グループディスカッションを行いました。やはり各単会によって温度差はあるものの、どこも素晴らしい事業を行っておりました。ちなみに私は、主に伊勢っ子サミットについて、そして伊勢青年団体連絡協議会が発足した経緯であり意義についてお話させて頂きました。皆さん伊勢の青年団体の団結力に驚かれておりましたね。

今回参加させて頂いた事によって沢山の方々との出会い、そして学びがありました。この経験を活かし、伊勢YEGの組織力を更に昇華させようと強く思った次第です。

会長 中村 良
  • (写真1)
    東地区担当副会長による開会宣言
  • (写真1)
    日本YEG田中会長による主催者挨拶
  • (写真1)
    日本商工会議所三村会頭による講和
  • (写真1)
    グループディスカッション
  • (写真1)
    渋沢栄一の精神が随所に
  • (写真1)
    改装後の東京商工会議所
  • (写真1)
    三重県連会長達と
  • (写真1)
    渋沢栄一像
  • (写真1)
    強力専務理事と上野YEG会長
  • (写真1)
    鈴鹿YEG会長と女房役(専務理事)

4月例会『YEG集合!!ドカンとENJOY大作戦』

2019年04月21日(日)

令和元年度、中村良会長体制で最初の、そして平成最後の例会、4月例会『YEG集合!!ドカンとENJOY大作戦』が開催されました。New Generation委員会では『最高のチーム伊勢YEG』を目指し雰囲気の良いチームを作るため、まずはYEGメンバーの親睦をより一層深めようと、メンバーの名前を親しみやすいフロアーネームで呼び合えるようフロアーネームを書いた名札を付けての親睦交流会となりました。

フロアーネームで呼び合ってみると、普段名前で呼び合っている時よりも和やかな雰囲気で交流会を楽しめたと思います。今回の例会だけでなく今年1年フロアーネームで呼び合ってみるだけで、より一層距離を縮められそうに思います。

会場のBeach Club Tropicanaはきれいな海を眺めながらのロケーションで、リゾート気分のバーベキューを楽しめました。また各委員会で今年度の目標を決めて、委員会メンバ-みんなで書初めをして発表することで各委員会の目標が明確になり、結束力が高まったように思います。

書初めをバックに撮った集合写真は1年間青年部室に拡大して貼っておきますので、写真を見ていただき初心に帰ってみるのもよいかと思います。

日曜日お昼の例会ということもあり、すこし少ない参加ではありましたが、最高のチームを目指す第1歩としてとても盛り上がった例会になりました。

Beach Club Tropicana様には、大変リーズナブルな価格で牡蠣食べ放題などのサービスいっぱいの内容をご用意していただきありがとうございました。

New Generation委員会 江崎 将人
  • (写真1)
    乾杯の様子
  • (写真1)
    最高のロケーション
  • (写真1)
    書初め
  • (写真1)
    中屋委員長の挨拶

天皇陛下ご来勢 提灯行列

2019年04月17日(水)

天皇陛下ご譲位による御代替わりを迎えるにあたり、在位中最後の地方ご公務地となる伊勢へ天皇皇后両陛下がお越しになられました。

清めの雨が降る中、天皇皇后両陛下への感謝を表す「提灯行列」があり、約1500人が午後6時半から約1時間内宮前の「おはらい町」を練り歩きました。

伊勢市や市内の経済団体などでつくる御大礼奉祝委員会(会長・鈴木健一伊勢市長)が主催、鈴木健一会長や上島憲委員長、鈴木英敬知事、そして我らが石川監事らを先頭に、参加者は提灯や日の丸の小旗を手におはらい町を歩きました。

参加者は宇治橋前で伊勢神宮を逢拝し気持を一つに国歌斉唱と万歳三唱を唱え両陛下への感謝、平成への感謝の気持ちをお伝えいたしました。そして常に国の安寧と国民の幸せをお祈り頂いて参りましたことを感謝したいと存じます。

「要」る総務委員会 柴田 亜紀
  • (写真1)
    鈴木英敬三重県知事よりご挨拶
  • (写真1)
    鈴木健一伊勢市長よりご挨拶
  • (写真1)
    雨でもスタッフは元気です!
    柴田委員と間宮委員
  • (写真1)
    提灯行列参加者の最後尾を案内する
    強力専務理事と平賀副委員長
  • (写真1)
    堤灯行列の様子
  • (写真1)
    内宮前にて逢拝、国歌斉唱、万歳三唱
  • (写真1)
    中村会長は幟旗を担当 
  • (写真1)
    国旗を掲げて先頭を行く石川監事
  • (写真1)
    YEGメンバー集合写真

御大礼奉祝 記帳所設置に係る出務

2019年04月14日(日)

この度ご譲位による御代替わりをされる天皇陛下と平和の御代に感謝の気持ちを記すため、内宮前にあります宇治橋横にて「御大礼奉祝事業実行委員会」により4月1日~30日(16日~18日は閉所)の間、記帳所が設置されております。

伊勢商工会議所青年部(以下伊勢YEG)も構成団体の一員として記帳所へ出務しております。

内宮前に設置した記帳所では記帳される方のご住所(都道府県と市または村まで)とお名前を記帳して頂き、終えられた方に御記帳の証として伊勢の土で作りました素焼きの勾玉を手渡しています。

この日伊勢YEGより出務致しましたのは私と長瀬副会長と先日ご卒業されました福本先輩の3名で御記帳にみえた皆様へ記帳までの誘導をさせて頂きました。

この日はすっきりしない空ではありましたが、内宮にみえた沢山の方々から記帳所への質問を受け、御記帳の主旨をご説明させて頂くと多くの方がご賛同くださり記帳して頂きました。何十回と御記帳の主旨を説明させて頂いているうちに、改めてこの平成という時代を平和に、健康に過ごさせて頂いた天皇陛下への感謝の気持ちが高まり感極まるものがありました。

一緒に出務されていた長瀬副会長もとても心のこもった説明をされ、このような貴重な経験をさせて貰える伊勢YEGに感謝し、令和元年以降も伊勢YEGのために粉骨砕身してYEG活動に当たると言っていた言葉が私の胸に大きく響きました。

御記帳は、御大礼奉祝委員会により宮内庁へお届けし、ご奉告される予定です。

我々国民の想いが少しでも陛下に届くことを願い、心より陛下に感謝の意を表したいと存じます。

TUBE委員会 植谷 洋介
  • (写真1)
    テントの中の様子
  • (写真1)
    記帳所の様子
  • (写真1)
    お手伝いする私
  • (写真1)
    微笑む福本先輩

第1回 三重県連交流委員会「魁塾」

2019年04月13日(土)

2019年度第1回三重県連交流委員会「魁塾」が松阪市産業振興センター別館カリヨンビル1階にて開催されました。

第1回目の委員会ということで、竹川委員長の挨拶に始まり各単会のメンバー一人一人が事業所の紹介と今年度の魁塾での抱負を発表しました。

竹川委員長の熱い想いの詰まった事業が発表され、それに負けず劣らずの想いを持ったメンバーの方々が激しく意見をぶつけ合い、初回からとても刺激的な時間となりました。

その後、3つのグループに分かれてのディスカッションを行い委員会は閉会しました。

懇親会はニクバルダカラ松阪駅前店さんで行われました。

緊張感のある委員会だったということもあってか、スタートから一体感のある雰囲気で、普段あまり接することのない他単会の皆さんとの交流はとても有意義で多くの意見交換を行うことができ、11月の事業に向けて一致団結する事が出来たのではないかと思います。

TUBE委員会 中津 好雅
  • (写真1)
    竹川委員長の挨拶
  • (写真1)
    事業所紹介
  • (写真1)
    グループディスカッション
  • (写真1)
    懇親会

2019年度日本YEG ~伊勢神宮正式参拝~

2019年04月03日(水)

2019年度日本YEG執行部の皆さまが、平和に商いができていることへの感謝をご報告するため、伊勢神宮へお参りされました。

2019年度日本YEGとして最初の事業であり、伊勢YEGとしても最初の対外事業でしたので、初対面した時には双方共にややおぼつかない感じがありましたが、伊勢神宮(※正式名称 神宮)は何をするための場所なのかと、日本YEGスローガンを絡めた中村会長の挨拶で皆の緊張がほぐれ、そこから精一杯おもてなしをすることができました。

時の日本YEG執行部が、度々その年度で伊勢神宮にお参りされています。何かのついでではなく、参拝を目的に伊勢まで来ていただけることに感謝すると共に、伊勢神宮がある伊勢を誇りに思った一日でした。

最後に一言 「伊勢の未来を創るのは俺たちだ!」

専務理事 強力 雄
  • (写真1)
    宇治橋前で御一行の到着を待機
    手前は格好良い時の島田副会長
  • (写真1)
    日本YEG執行部の皆さんと記念撮影


  • (写真1)
    伊勢神宮は願うのではなく感謝を伝える場所
    であることを説明する中村会長
  • (写真1)
    初対外事業で緊張する中村会長・・・の
    隣で、心の中で会長を応援している私

エンジェルタッチ