事業報告

令和2年度事業紹介

9月例会 実践版!『言葉のチカラ』

2020年09月23日(水)

伊勢商工会議所5階大ホールにて9月例会 実践版!『言葉のチカラ』が開催されました。

7月講師例会で川端知義先生による『ポジショニング』Zoom講義を踏まえ、9月例会は『ポジショニング』とは自分が無意識に使っている言葉や思考、行動がプラスとマイナスどちらに属するのかを知ることです。普段、私たちが何気なく使っている言葉の多くは否定的な言葉を使いがちです。~してはいけない。~だから難しい。など、この様な否定的な言葉を肯定的なポジションにある言葉へと変える事で意識が変わり自分自身が変わる事ができます。

今回はそのことを踏まえ、実際に自分たちが普段どういった否定的な言葉を使いがちか考え、日常的に無意識でも発言が良い方向に変化するようにしていただく事を指標として行いました。

最初に個々で考え、その後にグループディスカッションを行いました。みんなで話し合っていく中で、個々で考えた意見も「こういう風に考えたらより、いいんじゃないの」というような声も聞こえてきました。

最後にグループの代表者に発表をしていただきました。聞いている方も発表者の意見に驚きや笑いもありました。

まだコロナ禍ではありますが否定的にならず、ポジティブに考え、明るい未来を作りましょう。

令和寺子屋委員会   岡野 泰介
  • (写真)
    中津委員長 主旨説明
  • (写真)
    グループディスカッション
  • (写真)
    各チーム発表
  • (写真)
    下井副委員長 まとめ
  • (写真)
    間宮副会長 総評

第98回通常総会

2020年09月23日(水)

伊勢商工会議所5階大ホールにて第98回通常総会が開催されました。

まだ新型コロナウイルス感染症の影響で開催が心配されるなか多数の方の出席のもと、議案第247号 令和2年度補正予算書(案)の件、議案第248号 次期会長を承認する件、議案第249号 次期副会長、専務理事、監事を承認する件、議案第250号 次期理事を選出する件が審議され承認されました。

間宮幸一郎次期会長の挨拶では次年度の抱負をお話しいただき、次期副会長、専務理事、監事、理事の方々にもご挨拶をいただきました。

次年度は伊勢YEG設立35周年を迎えます。伊勢YEGメンバーがより一致団結するための大事な総会となりました。

網ぐ総務委員会 奥野京佑
  • (写真)
    島田会長挨拶
  • (写真)
    新入会員紹介
  • (写真)
    間宮次期会長挨拶
  • (写真)
    次期理事挨拶
令和3年度役員
会長 間宮 幸一郎 合資会社二冨士
直前会長 島田 祐希 株式会社富士建設
副会長 鈴木 崇之 有限会社鈴木水産
副会長 中村 仁 有限会社いすず美工
副会長 東口 俊輔 東口塗装工業株式会社
副会長 平石 光彦 センプリチェ
専務理事 長瀬 正也 おかもと食器
監事 強力 雄 株式会社ゴーリキ
監事 中村 良 株式会社アクト
理事 大西 旭 有限会社大西食品
理事 池村 涼 有限会社伊勢自動車整備
理事 加藤 丈一朗 合資会社タカト商会
理事 川西 洋介 株式会社宮忠
理事 北村 政紀 有限会社近代清掃社
理事 小釣 真 ペイントスタジオ
理事 下井 貞 有限会社シモイ電気工事
理事 辻村 武也 辻村クリーニング店
理事 中津 好雅 藤原屋
理事 西村 直人 西村事務所
理事 端野 隆史 株式会社中和倉庫
理事 古野 隼人 フルノケミテック株式会社
理事 前田 憲汰 栄モータース
     

三重県連交流委員会「魁塾」第3回委員会inZoom

2020年09月19日(土)

三重県連交流委員会「魁塾」第3回委員会が新型コロナウイルス感染症の影響によりZoomで開催されました。

本委員会では前回の委員会で出した意見をまとめ、今年度の交流事業の内容を決定しました。これからは担当を各チームに分け、具体的に実現できるように会議を進めていきます。

Zoomでの開催というのもあり皆も少し緊張した様子でしたが、会議が進むにつれ意見も出るようになり、時折笑顔がこぼれる和やかな雰囲気での委員会となりました。

現在は新型コロナウイルス感染症の影響でまだまだ自粛ムードが続いていますが、その中でできることを模索し青年経済人として少しでも地域社会に貢献していきたいと思いました。

TIM委員会 副委員長 小釣 真
(三重県連交流委員会「魁塾」出向委員)
  • (写真)
    中村委員長(伊勢YEG)挨拶
  • (写真)
    司会進行の竹島副委員長(上野YEG)
  • (写真)
    閉会の辞 小室委員(上野YEG)
  • (写真)
    Zoom会議の様子

日本YEGビジネス交流会 〜YEGだからできること!ビジネスチャンスはここにある〜 東海ブロックビジネス交流会

2020年09月12日(土)

令和2年度日本YEGビジネス交流委員会事業の1回目として、東海ブロックビジネス交流会がリモートによって開催されました。

 日本全国33,000名のYEG会員のスケールメリットを活かし、所属ブロックの枠を超えたYEGメンバーとの同業種での出会いの場を創出するため今回のビジネス交流会が開催されています。また全国のYEGメンバーに新たな業種別部会の取組みを周知し、一人ひとりが部会所属への意識を高めることから組織力強化を図り、日頃からYEG活動をビジネスに結び付ける取り組みを造り、自企業の発展に繋がる契機の場も創出する為に全国9ブロック毎のYEG会員と日本全国の熱意ある会員を対象とした事業として、業種別部会交流会を開催しています。

コロナ禍のなか対面式のビジネス交流会開催の可能性を信じながら準備を進め、対面式とリモートでのハイブリット開催など様々なスタイルでの開催準備を進めてきました。9ブロックで行われる今回のビジネス交流会は四国ブロックのみ対面式開催とし、他の8ブロックはリモート開催で行われます。

今回は今年度初開催ということもあり、10回を超えるリハーサルを行って本番を迎えました。多くのYEGメンバーに参加いただき、東海ブロックビジネス交流会は盛況のうちに終えることができました。参加者からは好評をいただきながらも、次へ繋がる改善点も教えていただき意識の高いメンバーの参加に改めて刺激をいただきました。

 今年度伊勢YEGの代表として日本YEGに出向させていただき、何かメリットを持ち帰れる様にと今回の事業を通して単会メンバーに有益となる出会いの場を創造はできました。「馬を水飲み場へ連れて行くことは出来ても水を飲ますことは出来ない」という例え話を聞いたことがあります。それを生かすも生かさないも個々に委ねられているのだと思います。

コロナ禍における今年度の日本YEGビジネス交流会は、伊勢に居ながら全国のメンバーと交流ができる未だかつてないチャンスだと思います。

秋も深まり様々な農作物の収穫時期を迎えています。多くの実りを得ることができるこの時期に、日本YEGのビジネス交流会に是非一度でも参加いただき、各々に多くの実りを得ていただければ幸いです。

TIM委員会 川西 洋介
(日本YEGビジネス交流委員会専門委員)
  • (写真)
    Zoomを使い
    リモートビジネス交流会
  • (写真)
    ビジネス交流委員会
    平岡国彦委員長挨拶
  • (写真)
    国際ビジネス委員会
    木村麻子委員長の事業紹介
  • (写真)
    東海ブロックYEG
    澤野泰隆代表理事挨拶
  • (写真)
    日本YEG
    米良充朝会長挨拶

令和2年度 三重県商工会議所青年部連合会 第3回役員会

2020年09月05日(土)

台風9号と台風10号の影響を奇跡的に回避した快晴の天候の下、オンラインにて第3回役員会が開催され、我々伊勢YEG県連役員は(株)ゴーリキ様の特設会場でソーシャルディスタンスに配慮した中参加致しました。本来9月5日は三重県連の交流事業ではありましたがコロナの影響で断念し役員会のみの実施となりました。

役員会では東海ブロック大会美濃加茂大会実行員会より梅内まみ大会会長、西村昭宏大会会長率いるしあわせ福井さばえ大会実行委員会の皆様にPRして頂きました。両大会会長からはなんとしても大会を開催したいという強い想いが画面越しからも伝わり私も三重県連大会をなんとしても開催し成功させたいという想いに駆られました。議題では次年度人事案件が審議可決され次年度に繋いでいく事の大切を改めて感じ、残りの任期を全力で全うし次年度に襷を繋げる事を誓い、褌を締め直しました。

その後は空が夕日に染まるなかゴーリキマリンビレッジにて感染予防対策がしっかりなされた会場で伊勢YEGの皆様と共に三重県連交流事業残念会&三重県連大会決起会を開催し素敵な時間を過ごす事ができました。サプライズでは上記の梅内まみ大会会長、西村昭宏大会会長も現地参加して下さり、各大会開催に向けての悩みや想いを聞く事ができました。

 結びとなりますが、新型コロナウイルス感染拡大により三重県交流事業は中止となりましたが、それまでの準備、委員会等本当にお疲れ様でした。先行き不透明ではありますが2月の県連大会はどのような形でも開催し大成功させましょう。

副会長 鈴木 崇之
(令和2年度 三重県商工会議所青年部連合会 会長)
  • (写真)
    特設会場
  • (写真)
    開催地会長挨拶 島田理事(左上)
  • (写真)
    東海ブロック大会美濃加茂大会PR
  • (写真)
    全国大会さばえ大会PR

8月例会「減らせ無駄時間!増やせ自分の時間!!」

2020年08月27日(木)

いせシティプラザ2階多目的ホールにて8月例会「減らせ無駄時間!増やせ自分の時間!!」が開催されました。

本来であれば、講師として整理収納アドバイザー佐藤亮介氏を伊勢の地にお招きし、「働き方改革は時短ではなく効率化!整理整頓でコロナに打ち勝つ」をテーマに対面式での講演を予定しておりましたが、7月例会に引き続き8月例会も新型コロナ感染予防のため、Zoomを用いての講演とさせていただきました。

講演では、整理・整頓・収納・片付けの違いから、よく使うものとあまり使わないものを「仕分ける」ことの重要性、5s(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の考え方等、無駄時間を減らすための根幹の部分を分かりやすくご教授いただき、またそれを活用するための「定位置管理・ラベリングの仕方・ファイルとファイリングの違い」といった手法や、便利なアプリ、整理整頓に活躍するファイル等もご紹介いただきました。

就業中、年間で探し物をしている時間が150時間あると言われている中、その時間を如何に有効的に活用していけるかが重要であり、逆に意識をもって取り組まなければ、様々な場面において、その人の信用性にも関わってくるということが改めて実感できる時間になったのではないでしょうか。

佐藤講師の講演から私が感じたことは、自分自身が「後片付け」という行動に対し、如何に意識的に取り組めるかが重要であるというところです。最初は意識的に行う「後片付け」であったとしても、継続させることで日課となり、最終的には無意識の中でも自然にできる行動になるはずです。また会社の代表者がそのような行動をとることで、その会社で働く社員にも必ず伝播していきます。

「後片付け」という行動に対して、まずは自分自身の意識改革から。

会社を変える大きな一歩に向けて、自分自身小さな一歩を踏み出していければと思います。

最後に、お忙しい中素晴らしいご講演をいただきました佐藤亮介先生に厚く御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

TIM委員会 山田 純也
  • (写真)
    島田会長挨拶
  • (写真)
    西村委員長主旨説明
  • (写真)
    講師講演
  • (写真)
    Zoom風景
  • (写真)
    東口副会長謝辞

三重県連交流委員会「魁塾」第2回委員会in津withZoom

2020年08月01日(土)

津商工会議所5階ホールにて三重県連交流委員会「魁塾」第2回委員会が開催されました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で活動が制限される中、現地参加とZoom参加の方を合わせると30名以上の方が参加されました。

会場では受付での検温、距離を取った席の配置と感染拡大防止の取り組みが行われており、安心感を持ち参加することができました。

委員会もそれぞれ距離を感じながら手探りの交流でしたが、それでも交流に関する多くのアイデアがでており、委員会内に熱気を感じることができました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振る中、感染拡大に配慮しながらも多くの方と交流を深めていければと改めて思いました。

植ケン委員会 菊池 剛士
  • (写真)
    中村委員長挨拶
  • (写真)
    磯川委員(津YEG)開会挨拶
  • (写真)
    委員会内でのディスカッション
  • (写真)
    Zoom参加者

7月例会 最高の未来を創る『言葉のチカラ』

2020年07月22日(水)

伊勢商工会議所5階大ホールにて令和寺子屋委員会7月例会 最高の未来を創る『言葉のチカラ』が開催されました。

コロナ禍の影響により対面式での例会は今年度では初めてとなり、講師の川端知義先生を当初会場にお招きして講義を予定していましたが新型コロナウィルス感染予防の為、Zoomを使用して『ポジショニング』の講義をして頂きました。

『ポジショニング』とは自分が無意識に使っている言葉や思考、行動がプラスとマイナスどちらに属するのかを知ることです。普段私たちが何気なく使っている言葉の多くは否定的な言葉を使いがちです。~してはいけない。~だから難しい。など、この様な否定的な言葉を肯定的なポジションにある言葉へと変える事で意識が変わり自分自身が変わる事ができます。

実際に言葉のチカラを体感したのが“名刺を使って割り箸を切る”という実践でした。皆さん初めは“紙で木を切る事なんて出来ない”という言葉の思い込みがあり、割り箸を切ることが出来ませんでした。しかし“紙は包丁、割り箸はうどん=切る事なんて簡単!”など言葉を変える事でイメージが変わり最終的に参加者全員が名刺で割り箸を切る事が出来ました。驚きと出来ないことが出来た達成感は伊勢YEGの皆さんを笑顔にして例会は大いに盛り上がりました。

現在新型コロナウィルスにより生活に様々な影響が出ています。否定的な言葉になりがちではありますが、すこし言葉を変える事から現状はきっと良くなるのではないでしょうか。

今回の例会では困難な現状から打ち破るヒントを沢山得られたのではないかと思います。

最後にお忙しい中、機会を作って頂いた講師の川端知義先生には厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました。

令和寺子屋委員会 端野 隆史
  • (写真)
    島田会長挨拶
  • (写真)
    中津委員長による主旨説明
  • (写真)
    川端先生の講義
  • (写真)
    言葉のチカラ 実践1
  • (写真)
    言葉のチカラ 実践2
  • (写真)
    言葉のチカラ 実践3
  • (写真)
    言葉のチカラ 実践4
  • (写真)
    間宮副会長謝辞

三重県商工会議所青年部連合会 交流委員会「魁塾」第1回委員会 in伊勢 with Zoom

2020年07月11日(土)

新型コロナウイルス感染症の影響により3ヶ月遅れての開催になりましたが、三重県連交流委員会「魁塾」第1回委員会が伊勢の地で開催されました。

本来ならば三重県連に所属している全12単会の魁塾出向者が一堂に集まり交流を深めるのですが、対面式のYEG活動を自粛している単会もあり、現地参加とWeb会議ツールの「Zoom」を利用したハイブリッド型の委員会となりました。

第1回目の委員会ということもあり、私の長い長い委員長挨拶や今年度の活動方針、今後の委員会運営についてなどの報告事項が多く、出向者同士が話す機会が少なめでしたが、自己紹介やチームに分かれて話し合う場面では、魁塾出向経験者メンバーが中心となり、時折笑い声が聞こえる委員会となりました。

今回は対面式で行なうことができた委員会ですが、今後はどうなっていくか分かりません。今年度で10年目を迎える「魁塾」ですが、例年通りの活動はできないと思います。しかし、この状況で出来る範囲の事を全力で行ない、鈴木県連会長が掲げたスローガンにもあるようにPERFECTな1年になるように、そしてこの1年を楽しめるように活動していきたいと思います。

三重県連交流委員会「魁塾」 委員長 中村 仁(出向理事)
  • (写真)
    鈴木県連会長(伊勢YEG)挨拶
  • (写真)
    島田会長(伊勢YEG)挨拶
  • (写真)
    中村委員長(伊勢YEG)挨拶
  • (写真)
    Zoom参加者

第97回通常総会

2020年05月27日(水)

今回は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策としまして伊勢YEG初のWeb方式による電子投票制度にて第97回通常総会がエンジェルタッチ内にて開催されました。

本人出席(Web回答)74名により総会は予定通り議事を開くことができ、議案第245号令和元年度事業報告書(案)、議案第246号令和元年度決算報告書(案)の審議が無事、電子投票にて滞りなく承認されました。

委員長として伊勢YEG初の電子投票制度での総会を運営し、今までにない緊張感を味わうことができました。そして、現代社会において柔軟に対応していく重要性も学ぶことができました。

動画での配信にはなりましたが令和2年度島田会長、令和元年度中村会長、嶋田監事、勝田監事のあいさつを会員の皆様にお伝えすることもでき、伊勢YEGの皆様がワンチームとして力を感じた瞬間でした。

最後になりましたが、新型コロナウィルス感染症により通常の総会とは異なる形のWeb総会になりましたが、無事に令和元年度の事業報告書、決算報告書が承認されました。改めまして、令和元年度中村会長をはじめ理事の皆様、お疲れ様でございました。

綱ぐ総務委員会 委員長 森 和成
  • (写真)
    Web総会タイトル
  • (写真)
    令和2年度島田会長あいさつ
  • (写真)
    令和元年度中村会長あいさつ
  • (写真)
    嶋田監事 監事講評
  • (写真)
    勝田監事 監事講評

エンジェルタッチ