令和3年度 伊勢商工会議所青年部|組織図

令和3年度 伊勢商工会議所青年部|組織図

伊勢YEG設立35周年実行委員会組織図

令和3年度 伊勢商工会議所青年部スローガン

繋げる

令和3年度 伊勢YEG会長 間宮幸一郎

会長所信

 前年度は新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界規模で経済的に大打撃があり、人々の生活様式が一変する年でありました。それに伴い、伊勢商工会議所青年部の活動においても事業を中止・延期・規模縮小せざるを得ない状況でした。全体事業や例会・総会など「当たり前」のことが当たり前に行えず、前年度会長をはじめ役員会、会員の皆様におかれましては非常に歯がゆく悔しい思いをされたことと存じます。しかしその様な時でも勇気をもって歩を進める姿勢を忘れず、様々な着想を出し合い情熱をもって本年度に繋げていただいた事に感謝を申し上げます。

 物事というものは、その活動を一度停止させてしまうと改めて同様に始めるといった事は難しくなります。この様な時だからこそ当たり前のことを次代へ「繋げる」といった事が社業や青年部活動においても重要であると考えます。

 そこで本年度は以下の事項について、スローガンに「繋げる」を掲げ、各事業を行っていきます。

 まず、総務系委員会については、先輩諸兄姉が今日まで築いてくださった総務活動全般をしっかりと引き継ぎ、担当事業や各資料の効率化・細分化を図り更に良いものを次代へと繋げます。

 次に交流系委員会については、伊勢YEG会員、県連各単会や関係他団体との絆をこれまで同様強固なものを保持しつつ、いかなる状況でも創意と工夫を持って、しっかりと次代へと繋げます。

 続いて、研修系委員会ですが、我々青年経済人にとってYEGは自己研鑽の場であるとの思いから、リーダーシップを発揮するために必要な事が学べ、チームをまとめる力を身につけられる、伊勢YEG会員が満足出来る事業を行います。

 そして、全体事業統括系委員会については、全体事業について会員一人一人が把握し、気持ちを高め成功に導くために、伊勢YEGの想いを一つにさせる事業を行います。

 また、伊勢YEGがこれからも地域に必要とされる組織として活動を続けていく為には会員数も重要であると捉え、拡大を図ります。同様に会員活性化についても、青年部会員に資する情報発信・研修事業・人脈形成などを行い、力を入れて取り組んでいきます。

 最後に、本年度は伊勢YEGが発足して35周年を迎える年度になります。これはひとえに今まで伊勢YEGの活動を続け、あらゆる時代を乗り切り、本日まで支えてくださった先輩諸兄姉のおかげであると畏敬の念を抱かずにはいられません。本年度は全体事業である伊勢っ子サミットを例年通りに行うことはできませんが、再び開催できた暁にはそれを盛大に行う準備や関係各所への繋がりを大切にしたいと考えています。これまで様々な方面から伊勢YEGを支えていただいた皆様への感謝の念を決して忘れず、これからも素晴らしい伊勢YEGが40周年、50周年を迎えられるように、35周年関連事業を行い、私達もその歴史の一部となれるようしっかりと次代へと繋げていきたいと考えています。そしてそれこそが、社業や青年部活動を繋げ、私達の、地域の、日本のより良い未来を築くことになると確信しております。そのために私に出来得る全てのことに対し全身全霊を注ぎ、「繋げる」という信念を持って邁進してまいります。

会長  間宮 幸一郎

事業計画
委員会活動

☆たのしい委員会(交流系)



【委員長所信】
  私は伊勢YEGに入って最初のころは訳も分からず委員会へ行っていました。YEG活動に参加することでたくさんの方々との交流や色々な事業を通し仕事の相談や先輩諸兄姉への接し方などたくさんのことを勉強させていただきました。
  私が思う委員会は楽しい場所です。私はYEG活動が楽しかったからこそ今まで続けられました。
  なぜそう思ったかというと「楽しい場所」には楽しい空気があるからです。楽しい場所とは、みんな笑顔で元気な雰囲気で明るい話をしていれば自然と空気は明るくなります。
  1年間を通して委員会メンパーが事業成功に向けて一丸となりまっすぐ歩いていきたいです。成功までは大変なこともあると思います。しかし、苦労して委員会で作り上げたからこそ、成功した時に達成感をみんなで分かち合えるからです。そして今までやってきて楽しかったなと振り返ることができます。そのような参加するのが楽しい委員会にします。会長所信にもありますようにYEG活動で交流して学んだことを次年度へ繋げていきます。
  交流会系委員長という大役を任せていただいたので、伊勢YEGの絆を深め他単会、他団体との交流の窓口になり、たくさんの人と交流し青年経済人として創意と工夫を重ね、委員会活動を全うし、伊勢YEGも絆をより強固なものとし次年度へ繋げます。
  他単会や他団体の人たちとも今まで以上に強固な関係を築くために心の芯から楽しんでもらえる事業を企画して交流を通じて1つでもみんなには、自分のためになることを得てもらえるようにします。
  数多くの伝説が残っている委員会にしたいと思います。  

【活動内容】
・6月/1月(新年会)/3月例会(卒業式)の企画・運営
・35周年記念式典の運営(全体事業)
・35周年記念事業の運営(全体事業)
・会員拡大
・外宮奉納への参加

たのしい委員会メンバー
担当副会長 東口 俊輔
委員長 前田 憲汰
副委員長 小釣 真
副委員長 大西 旭
委員
梅谷 建太 岡田 憲人
岡山 裕成 近藤 邦男
田ケ原 智史 玉田 隆晟
中川 頌久 中村 純
野崎 隆太 馬場 宏祐
濱口 智 東山 直樹
福井 絵奈 村田 一哲
矢形 幸也 山田 純也


☆「伝わる」総務委員会(総務系)



【委員長所信】
 前年度から続く新型コロナ禍の中、感染を防ぐために距離を置かざるを得ない状況が続き、人と人が出会い、交流を深める事が難しくなっています。そんな中、当委員会は少しでも人と人を繋げる手助けに成れるような活動を行います。
 さて、その為にはどうすればいいのか。YEG活動を円滑に行い、コミュニケーションのできる場を提供して行っていくことも当然事大なことでありますが、しかしそれらの活動も参加していただかなければ意味がありません。
 ではそれらの活動に参加していただくにはどうすればいいのか、その為には情報が「伝わる」という事が大事です。
 この委員会名にもあります「伝わる」という言葉、これはただ「伝える」という事とは違います。「伝える」というのはただ発信するだけの自分が主体の行為にしか過ぎません。相手の為に考え解りやすくし、伝えたい情報を相手に「理解」していただいて初めて「伝わる」というコミュニケーション行為になると私は思います。
 この「伝わる」という事を大事に考え、皆さんにより解りやすくなるよう先輩方から引き継いだエンジェルタッチやSNSの管理・運営の効率化を図り、解りやすく使いやすくすることにより、多くの人にYEG活動を伝え理解していただけるようにします。
 そうして「伝わる」事で現会員や新入会員の多くの参加を促し、さらには今年度はもちろんのこと次年度以降にも「伝わる」様な、人と人とを繋げるより良い手助けとなれる活動を員委会メンパー共々行っていきます。

【活動内容】
・5月/9月/3月総会の企画・運営
・会員手帳、会員名剌の作成
・新入会員オリエンテーションの企画・運営
・エンジェルタッチ管理・運営(新入会員登録、アカウント発行、活用方法の指導)
・ウェブサイト管理・運営
・SNSの管理・運営
・35周年記念式典の運営(全体事業)
・35周年記念事業の運営(全体事業)
・会員拡大
・外宮奉納への参加

「伝わる」総務委員会メンバー
担当副会長 鈴木 崇之
委員長 下井 貞
副委員長 西村 直人
副委員長 北村 政紀
委員
大西 孝幸 岡野 泰介
小野内 亮晴 折戸 真理
川端 裕昌 北山 信吾
島 崇明 中川 翔太郎
中北 喜亮 中西 一輝
中屋 隆 南平 雄希
西村 昭彦 西村 幸也
菱田 信太郎 茂谷 智史
森 和成 森井 寛喜


☆ファーム委員会(研修系)



【委員長所信】
 研修系委員会として会員皆様の青年リーダーとしてのスキル向上・育成に繋げる事業を行うことがミッションであると考えております。また委員会名は、育成や自然、手作り、優しさを連想していただきたくファームを採用致しました。
 昨今、AIの発展で人による仕事が少なくなると言われています。私が関わる流通業もどんどん簡略化され、知識や経験よりもAIが効率的な指示を出すようになり、人と人の繋がりも希薄になりつつあると感じています。
 しかし私は、AIの発展による業務効率化が進み、人はより人らしく仕事することができるのではないかと思います。AIにできることは任せて、一息の余裕を持つことができれば、きっと新しい可能性に気づくことができるとワクワクしています。
 そして、私達の活動の中心にはミッションがあります。このミッションを達成する為に中間目標が設けられ、企業においては中期計画や営業目標として示されます。仕事において私達は色々な数字を追いかけますが、「何の為に?」と聞かれれば、全てミッションを達成する為にです。ですが、ミッションはしばしば形骸化し、与えられた仕事は作業や行動に変わってしまいます。そのような状況下では目標は意味を失い、チームは疲弊し本来のパフォーマンスを発揮することはできません。
 私は、これからのリーダーには、人を感じ共感を生み、チームを巻き込んでミッション達成に導くことがより重要になると考えています。そこでファーム委員会として、一人一人の強みを引き出し活躍する「ポジティブコミュニケーション」と、人を巻き込み加速させる「感性」をテーマに研修事業を行うことで、チームのパフォーマンスを最大化するリーダーの育成に繋げます。

【活動内容】
・8月/2月例会の例会の企画・運営
・35周年記念式典の運営(全体事業)
・35周年記念事業の運営(全体事業)
・会員拡大
・外宮奉納への参加

ファーム委員会メンバー
担当副会長 平石 光彦
委員長 古野 隼人
副委員長 辻村 武也
副委員長 池村 涼
委員
案浦 豊土 井本 和馬
浦田 智啓 奥野 京佑
奥野 桂佑 菊池 剛士
北岡 未来 佐々 裕輔
田端 淳一 辻 智久
寺田 嘉子 徳田 聖之
中北 征史 中村 幸太郎
野田 新一朗 藤原 貴司
増井 義久 御村 真紀子
和田 吉史  


☆ONE TEAM委員会(全体事業統括系)



【委員長所信】
 今年度伊勢YEGは設立35周年を迎えます。それに伴い行われる記念事業を成功させる為には、メンバー全員が想いをひとつにしていくことが大切だと考えます。しかし、それは決して簡単なことではありません。先輩諸兄姉から受け継がれてきたものを40周年、50周年、その先の未来へと繋げていく為、コミュニケーションをとりながら伊勢YEGが組織として一丸となって事業に取り組んでいくことが必要です。そしてメンバーの想いがひとつになった時、想像を超える結果を生み出せるのではないかと思います。
 当委員会では35周年記念事業に向かってメンバーの想いを共有出来るような例会を行うとともに、組織をひとつに繋げる、という青年経済人にとって重要な能力を養う委員会活動を行ないたいと考えております。この一年間の活動を通して得た経験を自身の社業や今後の生活に繋げていくことが私達の、地域の、日本のより良い未来を築くことに繋がるのではないでしょうか。そして「One for all, All for one」を委員会スローガンとして掲げ、伊勢YEGメンバー全員が 35周年事業の成功に向けて想いをひとつに繋げられるよう一年間邁進してまいります。

【活動内容】
・4月/7月/10月例会の企画・運営
・35周年記念式典の運営(全体事業)
・35周年記念事業の運営(全体事業)
・オープン委員会の企画・運営
・会員拡大
・外宮奉納への参加

ONE TEAM委員会メンバー
担当副会長 中村 仁
委員長 中津 好雅
副委員長 端野 隆史
副委員長 加藤 丈一朗
出向理事 川西 洋介
委員
荒木 崇 板谷 庸平
江崎 将人 奥山 敬太
片岡 響 河村 幸佑
木本 裕貴 高橋 このみ
玉木 美舞 南家 剛
新居田 章 野村 茶介
橋本 宏彦 日下 真一
福岡 武士 三宅 菜月
山下 幸治 山本 祥司


☆伊勢YEG設立35周年実行委員会



【委員長所信】
 令和3年度に伊勢商工会議所青年部(以下、伊勢YEG)は設立35周年という節目の年を迎えます。35年という歴史の中には大規模な災害や社会情勢の変化がありました、その度にYEG活動にも影響が出たかと存じます。しかし、先輩諸兄姉が熱い想いでYEG活動を継続してくださったからこそ、私たちは伊勢YEG設立35周年を祝うことができます。まずは先輩諸兄姉の弛まぬ研鑽に深く感謝申し上げたいと存じます。
 令和3年度伊勢YEGスローガンは「繋げる」です。伊勢YEGメンバーが一致団結し、さらなる信頼を築き、組織力をより高める事ができる周年事業は、先輩諸兄姉が繋げてくださった組織を、伊勢の商工発展のために活動してきたその想いを次代へと「繋げる」ことができる事業です。時代を先駆ける青年経済人として、どんな状況でも止まることなく前へ進み、素晴らしい伊勢YEGが40周年、50周年を迎えられるように想いを込めて35周年事業を行なう事で、私たちが伊勢の輝かしい未来を創っていきます。


エンジェルタッチ